« ポストイットで買い物管理(2) | トップページ | 手帳の目的(1) »

2001/09/24

手帳のサイズ

 手帳のサイズを決めるときに考えなければならないことは、手帳にどのぐらい書くかということと、手帳をどんな場面で使うことが多いか、ということでしょう。
 手帳に記入することが多い人は、大きめのサイズが良いでしょう。ほとんど何も記入しないという人は、小さめのサイズにするか、手帳を持つのをやめてしまうのも手です。机の上で使うことが多い人は、大きいサイズでも大丈夫でしょうが、持ち歩いて使うことが多い人は、あまり大きくない方が良い。
 問題は、記入することが多いのに、持ち歩くことが多い人。そういう人は、どこかで折り合いをつける必要がでてきます。持ち運びを優先して、紙の小ささに我慢するか。たくさん書くことをメインにして、持ち歩きの不便さを押さえつけるか。
 どのぐらいのサイズが丁度良いのかは、色々と使ってみないとわかりません。あるいは、ひとつ自分で作っちゃいましようか?

|

« ポストイットで買い物管理(2) | トップページ | 手帳の目的(1) »

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6062918

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳のサイズ:

« ポストイットで買い物管理(2) | トップページ | 手帳の目的(1) »