« 状差しの使い道(1) | トップページ | TODOリスト(1) »

2001/12/23

状差しの使い道(2)

 わたしが100円ショップで買った状差しは、ビニール製の安物なんですが、ありがたい点がひとつあります。それは、横幅がはがきサイズよりもかなり広いということ。おかげでA4四つ切りのメモ用紙を入れても、3cmほどの余裕があります。
 で、そこにペンを何本か立てています。
 ただし、そのままそこにペンを差したのでは、すぐに倒れてしまいますから、メモ用紙の一枚で、その状差しに入るぐらいの大きさの筒を作りまして、それをペン立てにしています。これで、メモ用紙とペンが、同時にサッと取り出せるわけです。
 市販のもので、メモ用紙置きとペン立てがひとつになっているものもありますが、あれの欠点は、机の上で場所を取る、ということでしょう。その点こちらは状差しですから、立てておくのが基本です。パソコンのモニターの横側にぶら下げちゃってもいいですし。

|

« 状差しの使い道(1) | トップページ | TODOリスト(1) »

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6077896

この記事へのトラックバック一覧です: 状差しの使い道(2):

« 状差しの使い道(1) | トップページ | TODOリスト(1) »