« マイクロカセットレコーダー | トップページ | 状差しの使い道(2) »

2001/12/23

状差しの使い道(1)

 メモを取りやすくするためには、メモを取りやすくすることが必要です。って、なんのこっちゃ。
 つまり、メモを取るという行為をしやすくするためには、メモ用紙を取り出しやすくすることが必要だ、ということなんですが。
 わたしが職場でやっている方法です。
 100円ショップで買った状差しに、A4四つ切りの裏紙の束を入れています。クリップで止めたり、木工用ボンドでくっつけたりはしていません。以前書いたことと違うじゃないかって? そりゃ人間成長しますし、世の中ケース・バイ・ケースですよ(笑)。常に便利な方法を探さなきゃ。
 さて、こうするとなにが便利かというと、メモ用紙が片手ですっと取れるんですね。メモを取ろうと思ったときに、すぐにメモ用紙が一枚取り出せる。メモを取ろうと思ったときにメモ用紙がサッと取れるというのは、とっても大事なことです。

|

« マイクロカセットレコーダー | トップページ | 状差しの使い道(2) »

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6077890

この記事へのトラックバック一覧です: 状差しの使い道(1):

« マイクロカセットレコーダー | トップページ | 状差しの使い道(2) »