« メモの残し方(1) | トップページ | メモの残し方(3) »

2002/01/27

メモの残し方(2)

 さて、どんなメモを残して、どんなメモを捨てれば良いか、ということですが。そりゃもう人それぞれ、自分が残したいメモを残して、捨てたいメモは捨てれば良いわけです。って、それじゃ冷たい?(笑)
 単純に考えると、後でまた使うことになる可能性のあるメモは残す。絶対に、二度と使う可能性のないメモは捨てる。どっちなのかよくわからないというものは、とりあえず取っておく。まあ、こんな感じになるでしょう。
 たとえば、翌日のデートの待ち合わせの時間と場所をメモに書いたとします。このメモは、少なくともデートが始まるまでは残しておかなければなりません。で、普通に考えてみれば、デートが始まった(遅くともデートが終わった)時点でいらなくなります。
 ただし、デートの記録を残している方は、このメモをそのまま残しておいても良いでしょう。日記を書く習慣のある方は、日記に書いた時点で不要になる、ということです。

|

« メモの残し方(1) | トップページ | メモの残し方(3) »

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6078022

この記事へのトラックバック一覧です: メモの残し方(2):

« メモの残し方(1) | トップページ | メモの残し方(3) »