« メモを取る練習(5) | トップページ | メモを取る練習(7) »

2002/06/16

メモを取る練習(6)

 (5)でも書きましたが、練習というからには、そのつもりになって、時間を決めてきっちりやりましょう。
 練習を始めたばかりのころは、なかなか思うようにメモを取ることができない可能性があります。時間が来ても予定の枚数になっていなかったり、これはというアイデアが残せなかったり。だからといって、時間を延ばしたりしてはいけません。
 たとえば、一時間の散歩の間に、五枚のアイデアメモを残そう、と思ったのに三枚しか残せなかったとしても、時間が来たらきっちりやめるべきです。どうせ自分は達人じゃないんだから、と開き直って、時間が来たらさっさとやめてしまいましょう。
 そうしないと、いつからいつまでが練習の時間なのかはっきりしなくなって、結局練習に集中できなくなります。
 もちろん、練習以外の時間にメモを取ってはいけない、という意味ではありません。

|

« メモを取る練習(5) | トップページ | メモを取る練習(7) »

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6078303

この記事へのトラックバック一覧です: メモを取る練習(6):

« メモを取る練習(5) | トップページ | メモを取る練習(7) »