« 古い情報カードを整理してみた | トップページ | メモを取れない理由 »

2007/04/17

基本に立ち返って

 日付入りの最古のカードが、メモ関連のメモだったことも何かの因縁かもしれない(何の因縁だか)。そこでまずは基本に立ち返って、メモの達人について考えてみることにした。なにしろそれが目標なのだから。
 目標を明確にするのは、自己啓発系の本の基本なのである。呼び方は色々と違ったりもするけれど、基本的には「まずは目標を明確にしよう」が、自己啓発だの成功術だのの本の大前提なのである。
 もっとも、このブログは自己啓発もしなければ、成功をもたらしてもくれないんだけど。

 でもまあたしかに、目指すものがはっきりしてないと、どっちに向かって進めばいいのかすらわからないからね。進むべき方向をはっきりさせるためにも、目標設定は大事なのです。

 わたしが考えるメモの達人の定義は、以下のとおり。
 1.とにかくメモを取る
 2.きちんとメモを残す
 3.たくみにメモを使う

 「1」は言うまでもなく、すべての始まりです。まずメモを取らなければ、残すことも使うこともできません。まずはメモを取る
 「2」は若干わかりにくいかもしれませんが、メモを取るだけ取ってどこかに紛失してしまうような人は達人とは言えないだろう、ということです。
 「3」はもう、これが本来の「メモ」の目的であって、使われないメモは残す意味がない、と。ただし、必ずしもそのメモを直接使うことばかりではない、ということもある。
 たとえば、何かのメモをきっかけにして、まったく別のアイデアが生まれて来た場合、最初のメモは直接は使われなかったけれど、役に立たなかったわけではない、という考え方です。

 異論反論はあるでしょうが、とりあえずこれを当面、ここでの「メモの達人の定義」とさせていただきます。
 わざわざ「当面」と断りを入れたってことは、そのうち変わる可能性もある、ということで。まあ、柔軟に行きましょう。

|

« 古い情報カードを整理してみた | トップページ | メモを取れない理由 »

メモ術」カテゴリの記事

コメント

うおおおおおおお、「小説のようなものの書き方」がまだあるよ!
と泣きそうになったので思わず自分のブログでリンクしてしまいました。

10年前にひそかに相互リンクさせていただいていた一読者です。

投稿: L | 2008/02/17 05:36

いやぁ、「小説のようなモノの書き方」まだあるんですよ。
ときどき、新しいお客さんもいらっしゃってるようで。
情報がかなり古いんで、改訂したい気はするんですけどねぇ。
まあ、とりあえずはしばらく放置しときますんで、よろしく。

投稿: マックライド | 2008/02/18 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/6122703

この記事へのトラックバック一覧です: 基本に立ち返って:

» マネーの虎のあのひとも [渋谷ビジネスリーダー塾]
超有名な講師陣が開催してるみたいです。 [続きを読む]

受信: 2007/04/17 22:20

» アウトラインプロセッサって凄いんです [アフィリって「合わせ技!」]
アウトラインプロセッサと言うものを導入してみました。もちろんフリーソフト(無料)のヤツです、これまではテキストエディタで十分だと思っていたのですが、情報を整理するときや、ブログの量産などにはスゴイ便利です。アウトラインプロセッサを使えば全体の構成がツリー表示され、現在の編集位置を把握しながら文章を記述することができる。また、ブロック単位で階層構造を上下に移動させたり、位置を入れ替えたりすることができるので�... [続きを読む]

受信: 2007/04/18 09:26

« 古い情報カードを整理してみた | トップページ | メモを取れない理由 »