« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/28

情報カード収納ボックス?

ダイソーで見つけた「写真収納ボックス」。

100127_234434_2 100127_234631_2 100127_234718_3


これはもう、HSの5x3カードボックスです。ほぼそのまんまの感じ。写真の下側、黒い方がHSの5x3カードボックスです。

実際には「写真収納ボックス」の方が、縦横が若干長いようです。厚さは一緒。ということはつまり、情報カードを余裕を持って入れられるんじゃないか?

確かHSの方は500円ぐらいした気がするんですが、こちらは100円。同じ値段で5倍収納できるってことです。

しかも、中に入っているインデックスが、HSの方は3山なんですが、こちらは5山。その代わり、ちょっと薄っぺらい感じですが。情報カード放り込んで持ち運ぶには問題なしでしょう。

ってことで大人買い。問題は、そんなにたくさんあっても、今のところ使い道が思いつかないってことw
商品は、ちゃんと使い道を考えてから購入しましよう。

しかし、相変わらず写真がヘタですみません……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/27

僕はジョッター、一千年の未来から

流星号応答せよ、流星号……

いや、若い人には意味不明かw

最近PoICをやらなくなっちゃったんですが、情報カードは相変わらず使っています。
どういう時に使うかというと、主に他人にメモを渡す時。
それも、あまりざっくりしたメモではなく、ちゃんと見せたいとき。

一番直近で使ったのは、ボールペンの換え芯を買ったとき。型番を情報カードに書いてジョッターに入れたまま、それを店員に見せる、と。
まあ、ひらたくいうと気取ってるだけなんですがw

ろくに使いもしないのに、どういうわけかジョッターだけはいくつも持ってまして。
とりあえず、ジョッターが欲しいけど、近場で売ってない。でも手に取って見たいからネットショッピングはイヤ、という方で、横浜近辺在住の方がいらっしゃった場合のために(かなりピンポイントな条件だな)一応情報を。
横浜駅西口のザ・ダイヤモンドの奥の方(正確にはそのあたりはトーヨー地下街というらしい)にある有隣堂の文具コーナーの、そのまた奥の方に情報カードが置いてある棚がありまして、そこには無造作に何社かのジョッターが置いてあったりします。

今愛用しているのは、Ashfordの「Loffer (ローファー) 5×3サイズ ジョッター」というペンフォルダ付きのやつです。こいつはたしか、川崎ラゾーナの丸善で買ったはず。

Ashford アシュフォードLoffer (ローファー) 5×3サイズ ジョッター Ashford アシュフォードLoffer (ローファー) 5×3サイズ ジョッター

販売元:ナガサワ文具センター
楽天市場で詳細を確認する

このペンフォルダにSailorの「ハイエース ネオ」という万年筆を挿してます。どうせジョッターを使うなら、万年筆で書いてみようかな、と思ったんですが、普段万年筆なんて使わないし、高級なやつは太くてジョッターのフォルダーに入らない(というのは主に言い訳だな)ので、安めなやつにしてみました。

★送料が安いメール便対応商品★【メール便対応】 セーラー万年筆 ハイエース ネオ万年筆 SAILOR ★送料が安いメール便対応商品★【メール便対応】 セーラー万年筆 ハイエース ネオ万年筆 SAILOR

販売元:文具・事務用品ウェブショップタテ
楽天市場で詳細を確認する

ペンフォルダにペンを挿しちゃうと、ちょいと膨れて脇が浮いちゃうのが難点ですが。スーツの内ポケットからジョッターを出して、万年筆でサラサラとメモを書く、ってのはちょっと格好いい気がします。まあ、今のところ、あまりそういうシーンになることはないんですがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/25

路線変更します

これはたぶん、ここを読んでいる人にはどうでもいいこと、というか今までおそらく気にもとめていなかったことだと思うのですが、このブログの性質を少し変えることにしました。

今までこのブログでは、基本的に「メモ術」に関わることを書いてきたんですが、それをやめます。
いや、もちろんメインはメモ術に関することなんですが、これからは「わたしのメモの書かれたことも書く」というスタンスで行きます。
ひらたくいえば、テーマを絞らないブログにする、と。
そうしないと、ちっとも書かないんでw

いや、そうしたからと言って書くかどうかは疑問なんですけどね。

ということで、「世の中の大半は役に立たないモノでできている」は閉鎖しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/21

手帳の最初に夢や目標を書いておけ

手帳術やメモ術などの本にほとんど必ずといっていいほど書かれていることに

「夢や目標を最初のページに書いておきましょう」

というのがあります。もちろん、すべての本にまったく同じ文面で書かれているわけではありません。似たような趣旨のことが書かれているという意味なのは言わずもがな。

この「夢や目標を最初のページに書いておきましょう」というのは、そうすることで、手帳などを開くたびにそれが目にとまり、自分の意識(無意識?)に夢や目標を刷り込む効果がある、ということです。刷り込むことで、夢や目標が達成されやすくなる、というかそういう方向に意識や行動が行きやすくなる、ということのようです。
まあ、カーナビを使うときに、最初に目的地を設定するようなものでしょうか。目的地が設定されていれば、この角を曲がればいいとか、こっちの道は遠回りになるとかが明確になりますから。夢や目標に対しても、それがしっかり設定されていれば、こうした方がいいとか、これはやっちゃいけないとかが明確になるってもんです。

この考え自体を疑うつもりはありません。
でも、少しだけ疑問があって……

わたしは去年から、なんとなく日記のようなものを付けてます。
MOLESKINE POCKET WEEKLY DIARY にその日の出来事なんぞを少しだけ書き残しています。一応今年も同じMOLESKINEで続行してますが、去年の年末からずっと、他の手帳を検討し続けてますw
まあ、その話しは機会があったらいずれまた、ってことで。

で、この「なんとなく日記」を毎日(厳密には確実に毎日ってわけではないんですが)書いていて気がつくのは、

「最初のページなんてほとんど見ねぇぞ!」

ということ。
NOLESKINEにはしおり紐がついていますので、使うページをいきなり開くことができるわけです。仮に他のページを見ることがあったとしても、それは(この日何したっけとか、これをしたのはいつだっけ、という情報を知りたい場合の)日記の中のいずれかのページであって、手帳自体の最初のページではないのです。最初のページなんて、意識して開かない限り、見ることはまずない。
ノートやメモ帳にしても同じです。最近の風潮では、メモを取るときにいかに素早く白紙のページを開くか、というのがありますから、最初からしおりがついているものや、ノートの角を切り取る方法なんぞを使っていると、最初のページなんてまず見ない。

少なくともわたしは見ない。
これでは、最初のページに夢や目標を書いても、それを目にする機会がないんですね。

他の人はどうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »