« さすが丸善 | トップページ | 電子タバコ »

2010/02/08

似非PoIC

最近PoICが止まってしまっているわたしですが、実は似たようなことはやっていまして。正確には、まだ始めて間もないので「やっている」と胸を張って言うことはできないんですが。

たしか、他にも同じようなことをやっている人がいたと思うのですが、平たくいえば、ロディアを使ってPoICのメソッドを実行する、というやり方です。
ただ、ロディアだとほんの少しだけ値がはるので、わたしはダイソーの「5mm方眼罫ミシン目入り」のメモパッドを使っています。ネット上の文具系のブログなどでは、「偽ロディア」として有名なアレです。あれの、ロディアで言えばNo.11に当たるサイズのものを使っています。

紙質だとか罫線の色だとかミシン目の細かさだとか、細かいことを気にしなければ、これで十分! いや、もちろん、ロディアの方が使っていて気持ちいいのは間違いありませんが。

こいつを横にして、普段机に向かって(つまりPCに向かって)いるときは、両腕の間にこいつが置いてあります。
サイズ的に、書き込める量はあまり多くないのですが、わたしにはまあ丁度いいかな、と。

こいつに、思いついたことから、読みたい本や欲しいモノなどのネットで見かけた情報から、計算の途中のメモから、ボールペンの出が悪いときのグリグリまで、何でも書いてます。
もちろん後半のものには日付や時刻は書いてませんが、通常は日付と時刻とアイコンは入れます。タグはとりあえず塗っていません。
で、書いたものは切り取って、今はダイソーで手に入れた「写真収納ボックス」に放り込んでいます。このボックスを使っていることに特に意味はなくて、とりあえず買ったから使おう、ぐらいの理由なので、そのうち他のものに変えるかもしれません。

このやり方の良いところは、PoICでの情報カードの機能と野帳の機能を、両方ともメモパッドひとつに持たせることができる、ということです。で、もし情報カードに戻るとしても、そのままカードに貼り付けてしまえば良い、と。

最初はちゃんとロディアを使ってたんですよ。でも、かなりのペースで消費していくことに気づきまして、こりゃ少し考えないとだめだなぁ、とダイソーロディアに路線変更しました。
なにしろ、上記のような使い方をしていますから、消費は早い早い。グリグリに至っては、どう考えても、ロディアではちょいともったいない。

情報カードを使わない時点で「擬似PoIC」なのに、そのうえ「偽ロディア」を使っているわけですから、こりゃもう「似非PoIC」。

|

« さすが丸善 | トップページ | 電子タバコ »

PoIC」カテゴリの記事

メモ術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390538/33295997

この記事へのトラックバック一覧です: 似非PoIC:

« さすが丸善 | トップページ | 電子タバコ »