日記・コラム・つぶやき

2010/09/10

昔は良くなかった……

 最近の若い人は、というか、昔にくらべると、日本人はかなり変わってきた。いや、変わってあたりまえなんだが。
 何が変わってきたかというと、もちろん色々あるが、わたしが格段に変わったなぁと思うのは、まず歌のうまさ。昔にくらべると歌のうまい人の数がかなり増えていると思う。
 昔は、歌手と名乗りつつも、殺してやりたいほど歌の下手な奴が掃いて捨てるほどいた。それが最近は、プロだけでなく、素人にだってむちゃくちゃ歌のうまい人が大勢いる。まあ今だって、死ぬほど下手な人はいるんでしょうが。
 なんでそうなったのか、学術的な理由もあるのだろうが、勝手な想像を働かせてみると、まずはウォークマン系の機器の流行が、かなり貢献しているのではないだろうかと思われる。今ならもちろんiPod系。
 これらの機器のおかげで、生活の中で音楽に接する時間がかなり増え、そのおかげで耳が良くなってきて、そうなるとやはり歌もうまくなるだろう、という論法。これが正しいかどうかはわからないが。なお、この場合の「耳が良い」というのは、聴力の問題ではないので、念のため。
 で、もうひとつ貢献しているのが、もちろんカラオケ。何度も聞いて覚えた歌を、カラオケで何度も唄って練習する。これで歌がうまくならないはずがない。いや、まれにうまくならない人もいるようだが。
 以前は、真剣に歌を唄う機会なんて、子供の頃ぐらいにしかなかった。中学校あたりから、音楽の授業中だって真剣には唄わなくなり、高校生ぐらいになると音楽の授業も選択科目になって、唄う機会がグッと減る。それ以降は、バンド活動でもやっていなければ、唄うことなんてまずなかったのだ。
 今と昔では受動的にも能動的にも歌に接する機会が多くなっているのだから、歌のうまい人が増えてもおかしくないだろう。

 もうひとつ、かなり変わったと思うのは外見の問題。つまり、昔に比べたらいい男いい女の数が増えていると思うのだが、いかがなもんだろう。
 実はこれに関しても、歌と同じような想像をしている。つまり、昔に比べると、自分の顔を見る機会が多くなっているのではないか、ということ。もちろん、昔だって鏡を見なかったわけではないと思うが、それとはまた別の話。
 ご存知でない方もいらっしゃるかもしれないが、鏡で見ているのは、実は他人が見ているのとは同じ顔ではないのだ。左右が逆転しているのである。って、そのぐらい誰でも知ってるか。しかし、その左右が逆転している、ということだけで、顔の印象というのはかなり変わってしまうのである。
 しかし、最近は写メールだのプリクラだのデジカメだののおかげで、逆転していない自分の顔を客観的に見る機会が増えてきている。そのため、他人が見ているのと同じ自分の顔を目にすることが多くなっているのである。以前は写真に撮って現像に出して、という手間をかけなければ見ることができなかった本来の自分の顔を、今ではほぼリアルタイムに見ることができる。これがおそらく、いい男いい女が増えた理由ではないだろうか。
 客観的に自分の顔を見ることと、顔が良くなることとの間に、どんな関連があるのか、と聞かれてしまうと、わたしも困るんですけどね。

 そもそも、歌のうまい人が増えただの、いい男やいい女が増えただの、という前提が、あくまでもわたしの私見なのだから、論理以前の問題のような気もするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/23

ニャーリング

 死んだじいちゃんの遺言で、仕事とスポーツは控えるように言われているため、オリンピックはほとんど見てないんですけどね。なぜか、カーリングだけは楽しみにしてるんですよ。
 なんでカーリングだけ興味があるのか、自分でもよくわからないんですが、結果が気になるだけでなく、試合中の映像もじっくり見ちゃうんですね。
 我が家で、カーリングをじっくり見ているのはわたしだけかと思ったら、わたし以外にもカーリングを興味津々で見ている奴がいまして。
 うちの猫が、カーリングの試合中継をテレビの前に座ってじっと見てます。
 もしかしたら、カーリングのときに出している声が、ニャーニャーと聞こえているのかもしれません。
 で、あれは実際にはなんて言ってるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

電子タバコ

コンビニへ行ったら、電子タバコを売っていたので、それほど高い値段ではなかったため、衝動買い。

吸い込んだ感じや、出てくる煙の雰囲気はタバコそのもの。ただ、ちょいと気になったのがフィルター部分。
当然といえば当然かもしれないんですが、プラスチックなんですね。硬い。普通にタバコをくわえた時の、フィルターのやわらかさではない。
これはなんとかならないのかなぁ。

それから、微妙に重い。こればっかりはどうしようもないんだろうなぁ。

あと、これをポケットに一本だけ入れて持ち歩くのはどうなのかなぁ、という気がしないでもない。
調べてみたら、商品によっては、あたかもタバコの箱のような感じのケースがついているものもあるようなので、どうしても、という場合はそちらを買うか、既存のタバコの箱に入れて持ち歩くってのも手かもしれません。

Health e=cigarette 煙のでる電子タバコ(たばこ味) 22483

変な味がついていたりするのはご愛嬌として、人によってはこれで禁煙できるかもしれませんねぇ。

個人的には、今のところ禁煙する気はないんですけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/25

路線変更します

これはたぶん、ここを読んでいる人にはどうでもいいこと、というか今までおそらく気にもとめていなかったことだと思うのですが、このブログの性質を少し変えることにしました。

今までこのブログでは、基本的に「メモ術」に関わることを書いてきたんですが、それをやめます。
いや、もちろんメインはメモ術に関することなんですが、これからは「わたしのメモの書かれたことも書く」というスタンスで行きます。
ひらたくいえば、テーマを絞らないブログにする、と。
そうしないと、ちっとも書かないんでw

いや、そうしたからと言って書くかどうかは疑問なんですけどね。

ということで、「世の中の大半は役に立たないモノでできている」は閉鎖しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/17

相棒 神戸 尊

ちょっと自信ないんだけど。
テレビ朝日系でやっている「相棒」の新しい相棒、神戸 尊が持っている手帳というかメモ帳って、モレスキン?

いや、ちょっと気になったもんで。
誰か確認してくれません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

ラングドン

テレビで「ダ・ビンチ・コード」をやっていたのを録画しておいたので、ちょいと観てみた。
冒頭の講演会(でいいのか?)のシーンでモレスキンを使っているのは有名だし、アナグラムを解読するシーンでは情報カードをジョッターに挟んで使っている。

で、よくよく見ると、カードの隅に「…NGDON」と印刷されているのが見える。
これは当然、カードメーカーのロゴではなく、ラングドン教授の名前なわけで、名前入りのカードを特注しているということだろう。
日本では作家が名前入りの原稿用紙を特注したりする場合があるようだが、あれと同じようなものだろう。

ジョッターにネームが入っているかどうかは確認できなかった。

ちなみに、カードに印刷されている名前から見ると、縦使いが前提のようだが、横向きに使っていた。ってな使い方ができるのだから、無地のカードだった。

しかし、猫を腹の上に乗せて左手で支えながら、横に置いたPCに右手だけで入力するのは辛いぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/16

3週間チャレンジに乗っかってみる

mehoriさんのところで、3週間チャレンジというのをやっている。。遅ればせながらわたしもやってみようかと思ったのだが、そこですぐ始められないのがわたしの悪い癖。
まずはチャレンジカードなんか作っちゃったりなんかしちゃったりして((c)広川太一郎)。

やることと、一週間毎の所見を書く欄と、全体の所見を書く欄を付けてみた。
かなりいい加減。
一応3x5カードサイズにしたので、いつでも持ち歩ける。持ち歩いてどうするのかは考えていないのだが。
なにしろ実はまだ、何にチャレンジしようかも決めてなくて。まあ、こいつを使ってちょっとやってみようかな、と。
とりあえずは体重を減らさなくちゃいけないので、ストレッチとか散歩とか軽いところから。

使う人はいないと思うけど、一応PDF版をアップロードしておきます。
「Challenge.pdf」をダウンロード
ただなぁ、似たような奴を以前どこかで見かけてるんだよなぁ。

たぶんここいらへんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)